三代目JSB、レコード大賞買収の証拠「バーニングからの請求書」が流出…バーニング社長の周防郁雄氏とは?

週刊文春サイトより

昨年2015年末の日本レコード大賞を、「Unfair World」で獲得したダンス&ヴォーカルグループ「三代目J Soul Brothers」が所属するLDHに対して、芸能プロダクションであるバーニングプロダクションが送ったとされる一億円もの金額が記載された請求書の写しが週刊文春によって公開され、長らく噂されていたレコード大賞買収疑惑の決定的な証拠だと大きく注目されています。

週刊文春によると、21日にこの件についての関係三社(LDH、バーニング、エイベックス)へ事実確認を求めたそうですが回答は無し。

そして、23日にLDHの代表取締役であったHIRO氏が今年いっぱいでの社長辞任を突然公表しました。

スポンサーリンク

バーニングプロダクションと社長の周防 郁雄氏

バーニングプロダクションは、社長の周防 郁雄氏(75)が、1971年にホリプロを退社してから立ち上げた芸能事務所。

周防社長は「芸能界のドン」とも呼ばれており、彼を取り巻く「さまざまな」噂が後を絶ちません。

裏社会との繋がりがあるのではないかとの噂もかねてから有り、事務所や関連会社とトラブルを起こした芸能人がことごとく芸能界を「干されている」とも言われています。

最近だと、お笑いタレントの北野誠さんが突然活動を自粛し謹慎した理由が、周防社長の批判を言ってしまったからではないかとの憶測が飛び交いました。

このような噂の絶えない事務所だけに、今回の買収騒動についても「あり得る話」と感じている方が少なくないようです。

このレコード大賞買収疑惑については27日発売の週刊文春で詳しく特集するとの事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする